双子の母体、受胎お産、思った点。

お子さんが生まれて8ヶ月経ちました。
受胎露呈から1歳という半年ほどでしょうか。
双子って発覚したのは妊娠してすぐの実例。
一安心といった不安に包まれたことを覚えています。
俺だから大丈夫。と、ついついの自尊心って
その自尊心の陰で増えていく気がかり。
丈夫な子どもが出るだろうか。普通に健康な子どもが出るだろうか。
ただでさえ驚きの受胎なのに双子ですなんて大丈夫なのだろうか。
お腹はどんどん大きくなりました。
分娩まで残り数日というときに先生に、独力が大きくなっていないかもしれないと言われました。
方法が震えて、血の気がひいたことをあたしは忘れません。
次の週間大きくなってなかったら要注意です。と。
はじめ週が長かった。
速く翌日になれ。翌日になれ。
次の週間、双子の片割れは無事に大きくなっていて、
母親を笑顔にしてくれました。
頑張ってくれて有難う。
入院。分娩。
産声を上げた瞬間の意気ごみはいまでも忘れません。
涙がこぼれて、わが子どもの風貌がにじみました。
しわしわで、ガッツ石松の風貌を通していました。
なるほど。必ずカップル入っていたんだ。
初めてのオペレーションはとても怖かったけど、
運命で一番の至福を感じました。有難う。
今は移せるようになり。一年中毎日、
あたしもカップルも必死に成長していらっしゃる。
これからも、共に成長していきましょう。生まれてきてくれて有難う。http://merrow.eek.jp/

中年には分からん身なり

「中年」と呼ばれる年齢になりました。でも自分なりに頑張っておしゃれには気を使ってます。けれども、最近の青少年格好には賛成出来ないものが有ります。夫のジーンズの「過剰な腰履き」。過剰なですよ、過剰な。それは本人は本気で伊達と思ってるんでしょうか。ズボン履いてなかったら完全におケツのひびが思えてる品質、普通に大股で歩けないだろうぐらいまで下げて履いているのは、もはや後ろ姿がペンギンでしょう。腰から見えて掛かるインナーのボクサーズボンの商標が入ったゴムがチラ映り始めるぐらいはOKですよ。随時、どこをどうして勘違いしたのかトランクスのゴムを見せてる夫があるけど、誰か忠告してあげて〜と思います。夫だと、「異様に先の尖った革靴」も下手くそだ。もう、中年には凶器しか見えません。大昔、そんな凶器ブーツを履いた外人プロレスラーが居たんですもん。こんな靴、歩き回って足が痛くならないのかな。デートにあの靴で「足が痛い」って言われたら、ドン引きするけどなぁ。淑女の格好では、いま流行りの眼の真下の大げさなチーク。それは、式ちゃんものの良い奥様がしても、スレスレな、かなりトリッキーなメークだと想うなぁ。道筋ですれ違った時にギョッとするシチュエーションが見て取れる。夫客受けも今一だと思うけど。あのメークで出掛けて、一度でもそばや恋人に「そのメーク、可愛いね」って言われたことが有るのかなぁ。メークと言えば、眉をいじりすぎて、Noメーク眉では出歩けないときの眉の女の子。汗のタイミング、油断すると、ペンシルで端受けとりした端しか残ってないシチュエーションが見て取れるよ。気を付けて。こうした、他人のメークに表現を言ってる中年年頃は中年年頃で、メークがバブル当時のままな中年が居るけど。そこは多目に見てください。大昔は、青や緑のアイシャドウがベクトルだったのよ。それ以来、メークの流行りなんか誰も教えてくれないのよぉ。格好文献なんて美貌院でしか読んでる倦怠無いんですもん。取り敢えず、自分はおそらく素っぴんで出掛けてますけどね。恋したい人は、このサイトがおすすめ

献立を無駄にしないで済みました

Lunchを食べてから習い事に行こうとして、コンビニでサンドイッチを買いました。だがその日はランチの期間が十分に取れなくて、実質サンドイッチを食べられませんでした。
習い事が終わった後は、さすがに腹部が空いてしまいました。家に帰るまで根気ができないほどだ。買ったサンドイッチを途中で食べようと思いましたが、食べられることが見つかりません。仕方がないのでサンドイッチはバッグに入れたままにして、ファミレスに寄って遅めのLunchを食べました。
家に帰ったらすぐに、サンドイッチを冷蔵庫に入れました。だがミールには違うものを食べてしまい、実質サンドイッチは翌朝まで冷蔵庫に入れっ放しでした。
翌朝、起き抜けのボクが目にしたのは、夫がサンドイッチを食べておるところです。冷蔵庫に入っているのをついつい見つけたみたいでした。
「そのサンドイッチ、返済締切が今日の早朝1場合なっていない?」
ボクはあわてて夫に聞きました。返済締切を過ぎたものをうっかり食べて、腹部を壊さないか心配になったからです。
「え?返済締切は今日の昼過ぎ1年月だけど」
夫に言われて、ボクはふたたび返済締切を確認しました。一番「昼過ぎ1年月」という表示されていたのです。
「なんだ、返済締切を過ぎていなくてよかった。食べてくれて有難う」
ボクは夫にお礼を言うと共に、自分の期間調節の新しくさやプラン性のなさ、そそっかしさを反省させられました。何はともあれ、献立を無駄にしないでよかったです。セックス やり方ならこのサイトがおすすめ

九死に生活を得た人間の外見は

とある機会に死にかけて生還してきた奴という巡り合う機会がありました。
あたし自体が以前に死にかけて生還してきた人材なので、死の淵から帰って来た人間の顔というものが感覚でそれとわかるようになりました。
死ぬかもしれない時代はこういう何とも気苦労が願わくはならないのかというのですが、その生還してきた奴もそうでしたし、そういうことが薄いということがどんなに幸かを噛み締めて日毎暮らしてある。
いのち長らえたら、憑き物が取れたようにボディもスピリットも軽くなります。その人もそういった軽やかな顔を通じていました。
やっと助かったいのちだから生きていることにただ感謝して、日毎を極力生きようというようにあたしはなりました。その人も口には出しませんが、力一杯生きようという元気が体内から放たれていました。
人材は生きているのではなく生かされているということをいう奴がある。確かにそんな顔がいのちにはあります。
九死に人生を得た人材は大体明るく軽やかな顔を通じていて、人材がすべて、誰かって誰かのお互いのお陰で皆で生きていて、そういった元気が死にかけてどうにかわかったのかもしれないというくらいには、気分も発想もほとんど素晴らしいわけでもないとも考えが付きます。
そんな意味でいのちこそお宝だ。あたしもその人もそういうことを実感しているような顔になっていて明るく軽やかな顔をしているのであると思いました。